http://www.fujiyamanchu.com/
TOP > 富士山レポート > 毛無山金山トレッキング

毛無山金山トレッキング

 
富士山をちょっと離れて、富士山西麓へ。
そこには富士宮市民でも知らなかった金山が!こんな山奥に人が住んでたなんて。
恥ずかしい話ですが、富士宮市在住なのに金山があったなんてしりませんでした。この話を伺った「ふもとっぱら」の竹川代表とスタッフの松崎君・和田君の案内のもと、2005年5月5日、快晴のこどもの日に行ってきました。

 現在はトレッキングコースとして有名な毛無山。日本に数山ある「毛無山」で最も標高の高い毛無山が富士宮のこの毛無山である。標高は1964m。山頂を目指さずに、地蔵峠を越えれば、お隣の山梨県・下部温泉へも抜けられる。この地蔵峠ルートの途中に金山が??? 戦国時代の昔から、戦後まで採掘されていたとは知らなかった。

 その昔、金山(かなやま)1000軒と謡われ、開拓者がこの山奥に居を構え、一攫千金を目指した歴史浪漫。富士山人が登らずにはいられないじゃないですか!

 沢沿いを抜けるこのルート。思ったよりゴツゴツした岩が多く歩きにくい。富士登山数十回を誇る私でも、幼少の頃からこの地を走り回っていた竹川代表のペースに四苦八苦。前日にサッカーをして、「足が攣りそうと言ってたのに!」このペース。水筒も持たずに手ぶらで登ってしまうこの代表とは「人種が違う!」と諦め、必死について登りました。

そうこうしているうちに最初の滝「比丘尼の滝」に到着。道中5つある滝の内、唯一名前が付いてる滝だそうです。「それじゃ、残り4つの滝の名前でも考えるか。」と思ったらさっさと出発。が、ひと汗かいたせいか少し楽に。途中滝つぼのプールで休憩し、頭をプールへ。はっきり言って「生き返りました」。

 ところどころ顔を出す富士山の雄大さに心を打たれ、偶然出くわしたオオタカの優雅な飛行に目を奪われ、「気持ちィー」と感動したところで、住居跡が。平らに整地され、明らかにここに住居があった跡も。「こんな山奥に本当に人が住んでたんだ!」と感嘆し、歴史浪漫に耽る私。「まだ金が取れたら、俺は全てを犠牲にしてここに住む勇気があるのかなー?」と考えていると登山道を外れるではないですか。この後はかすかに残るルートを頼りに、木の枝を掻き分けての登山。



沢沿いのルートは岩場が多くて歩くにくい。
この方が、ふもとっぱら代表の竹川さん。とにかくタフです。
比丘尼の滝、どんな意味?
こんな道がどこまでも・・・
確かに生活した住居あとが。
「この尾根を越えればすぐだよ。」との代表の声。目的地の洞窟まであと数十メートルと迫ったところで問題が。小規模のガケ崩れで道が・・・。岩場にしがみつきながら必死でクリア。休む間も無くもうひとつ難所をクリア。やっとの思いで洞窟に到着。

 その洞窟は黄金に輝いてはいませんでしたが、それっぽい色。思ったより狭く、大人ひとりが肩を狭めてやっと通れる箇所も。整然と掘ったようでは無く、天井の高いところも、低いところも。「夢を見させてもらおうとしばらく洞窟内で瞑想」し、洞窟外へ。しばしの休憩後、この兵共の夢の跡をあとにしました。

金を掘った洞窟内
大人が一人通るのが精一杯。
1番の難所!ああっ、怖かった!

最後に貴重な時間を割いていただき案内してくださった竹川代表・スタッフの松崎君・和田君、留守番で頑張ってくれた渡辺さん、本当にありがとうございました。

reported by 富士山人代表1 あつし